スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前歯をきれいに。審美歯科

ビフォー
アフター

紹介でご来院の患者さん。結構遠くからこられた。
真ん中の2本の前歯だけが気になるという。

高校生なので見た目を気にする年頃だ。

いくつかの治療法を提示して、それぞれのメリットとデメリットをお伝えした。
もちろん本人だけではなく、お母様にもお話した。未成年の場合特にそのあたりには気を使う。

歯を削ってセラミックスをかぶせる方法に決定した。
神経を取ることになることも了承済み。

実際形成してみると、意外と象牙質の厚みがあり、神経を取らなくてもきれいになりそうだった。

うれしい誤算で予定変更。

神経を保存したままきれいに修復できた。

ご両親も本人もとても喜んでおられた。「もっと早くすればよかった。」
審美治療で心まで明るくすることもあります。
スポンサーサイト

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

玉名からご来院。審美治療

110433AA.jpg

モデル並みの容姿を持つ患者さん。微笑みも素敵だ。ところが、ウィークkポイントがひとつだけ。

452AA.jpg

右上の乳犬歯が残っていて黄ばんでいる。隣の側切歯もフレアアウト(反っ歯)していた。
笑うと結構目立つのだった。

乳犬歯を抜いてインプラントや歯列矯正、ブリッジなど色々な治療プランを提示し、色々検討した結果、比較的歯への浸襲が少ない方法をとった。

ホワイトニング、ダイレクトボンディング、補綴矯正などをおこなった。

DSC02677.jpg


5年経ったが歯肉の退縮も無く、思いっきり笑えるそうだ。

乳犬歯を使って補綴したのでどれだけ持つのか不安もあったが、かみ合わせのコントロールで上手くしのいでいる。

隙っ歯を治療すると綺麗になります

DSC03182.jpg

前歯の隙間が気になる患者さん。綺麗なお顔の方なのでもったいないのです。
歯列矯正、ラミネートベニアといろいろ考えられますが、ダイレクトボンディングに決まりました。見た目の治療なので保険は利きません。
審美歯科治療の成功の鍵は、担当の歯科医師が引き出し(治療オプション)を数多く持っているか?それぞれについて偏ることなくメリットデメリットを説明してくれるか?がポイントです。歯は一度削ったり抜いたりしたら、元には戻りません。

DSC03250.jpg

隙間に歯の色をした樹脂を盛り付けました。色あわせや歯茎との境目の処理に技術が要ります。かなり集中しなくてはなりませんので、少しつらいです。笑。ずいぶんイメージが変わりました。審美ゾーンに暗い部分があると見る人に
少しの不安定な感情を引き起こします。

綺麗になったら、今度は左前歯の先のぎざぎざと丸みが気になるとの訴えがありました。歯をじっくり見る習慣がつくと細かいところが気になりだします。先端を少しずつ、確認をしながら平らにしていきます。

DSC03273.jpg

さらに綺麗になりました。御本人も大満ぞく。ラインがフラットになったのがわかりますか?

DSC03277.jpg

前歯を見分けがつかないほどあわせるのは難しい

DSC03154.jpg DSC03156.jpg


前歯審美修復の患者さん。

前回型取りをして、今日はセット予定。

ところがセラミック修復の場合、なかなか色が合わない場合がある。患者さんの希望通りでなおかつ見分けがつかない前歯を作りたいのだが、これがとても難しい。

私も20数年前は歯科技工士としてセラミックワークを得意としていたが、苦労した思い出が多い。

シェイドテイキングとよんでいるが、患者さんの歯を直接観察し、写真を撮り(当時はフイルムね)細かい特徴などをスケッチする。

右の写真が色見本。世界中のスタンダードとなるビタシェード。左写真のように比較的近い色を選び目的とするはの近くに置いて一緒に写真に写しこむ。

そしてその写真を見て思い出しながらその差分を陶器の粉で表現していく。もちろんセラミストとよばれるセラミックワーク専門のテクニシャンは色彩学から学びなおす。明度、彩度、色相。そして透明度、さらに表面性状の再現も見た目の色に影響を与える。透明度を上げると暗くなるので、明るさのある透明感をいかに表現するのか?課題のひとつだ。

さらに幅のあるはをどうやって細く見せるか?イリュージョンといって目の錯覚を利用するテクニックもある。

それらの知識と技術を駆使して綺麗な前歯は作られる。歯科技工士は職人の腕と科学者の頭を併せ持つのだ。

ところでこの患者さんは、少し色が暗かったので再製作になったのでした。合うまでやります。アクアデンタル。

プロビジョナルレストレーション(審美歯科の道しるべ)

DSC03088.jpg

御紹介で転院してこられた患者さん。

数ヶ月の基本治療を経て、2回目の仮歯が出来上がった。

すんなりといくケースではないので、前回歯科技工士さんに立ち会ってもらい、
一回目の仮歯の問題点とファイナル(最後の出来上がり)に対する希望を患者さんに確認した。
同時に技工士さんからは技術的な問題点をアドバイスしてもらい、医学的な要素やお手入れのしやすさ
を加味して患者さんに伝える。
患者さん、歯科医師、歯科技工士、担当歯科衛生士みんながファイナルのイメージを共有しなくてはならない。

それでも、出来てきた2回目のプロビがコレだ。
患者さんのリップの非対称はあるにしても左右の目を基準にした顔の水平に合わせて撮った写真である。

今日は患者さんの目の前で、希望にあわせて私が形を修正した。
今のところ患者さんは満足されたようだが、家にかえって数日立たないと問題点は見えてこない。

前歯5本の修復とはいえ本当に大変な道のりだ。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

松村まこと

Author:松村まこと
上通り並木坂という比較的街中にアクアデンタルはあります。審美歯科が得意です。歯周病、インプラント、矯正、かみ合わせ治療などを駆使した総合型治療を目指しています。
元歯科技工士で手先の器用さには自信があります。

最新記事
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。