FC2ブログ

診断の大切さ

3DSlice1_2010-01-28_18-34-34.png

前歯がなかなか良くならない。患者さんも、ふらっと来院しては、2ヶ月あけるようなペースであった。

感染根管治療といって根っこの中を綺麗にする治療だ。根っこの先が膿んだような状態なので、
針のような治療器具をさしても、たいていは痛くは無いはずだ。

ところが、根っこの途中まで器具を進めると患者さんが痛がる。パーフォレーションといって
根っこの途中に穴が開いてしまっているときは治療が困難となり、抜歯になることが多い。

この患者さん、パーフォレーションならば、さっさと抜いてしますのも一法だ。
こんなとき診断の決め手になるのが、3次元画像診断だ。早速CTを撮った。

パーフォレーションではないことが判明。
患者さんにはなんとか時間を作って通院するようにお願いした。
そのほうが長い目で見ると時間的にも経済的にもプラスだからだ。
スポンサーサイト



テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

プロフィール

松村まこと

Author:松村まこと
上通り並木坂という比較的街中にアクアデンタルはあります。審美歯科が得意です。歯周病、インプラント、矯正、かみ合わせ治療などを駆使した総合型治療を目指しています。
元歯科技工士で手先の器用さには自信があります。

最新記事
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード