FC2ブログ

治療計画の変更

午前中の患者さん。

奥歯でしっかり噛む為にインプラント。見た目ではなくかみ合わせのための矯正。クラウンのやり変えのための根っこの治療。軽度歯周病の治療。顎位の修正。これらを組み合わせ、総合的に治療している。出来れば、悪いところは徹底的に治療した方がいい。しかしよくないところをすべて治療することだけが良い結果を生むとは限らない。治療介入するにはそれだけの理由が必要だ。

総合的な全顎治療では何に重きを置き、どのように組み合わせるのかが重要だと考える。目指すゴールを何点に設定するのか。費用、期間、治療中の快適さ。それらをすべて満たすことは出来ないので、どこに力点を置くのかを常に考える。

歯科医師が医学的にこうだと言えば、不満や疑問があっても黙って従う患者さんは多い。そこにはある種の我慢を強いることとなる。だからこそ治療中の快適さも重要だと考える。勿論医学的に無理なことも多いが。

先ほどの患者さん。あまり自己主張をなさらない。こちらで考え合わせて提案した通りに治療を進めていた。いろいろ聞いていくと、子供を預けるので、回数を減らしたいこと、右のインプラントである程度噛めるようになってきたので、治療のゴールを少し低くしてでももっと早く終わりたいことなどが伝わってきた。

修正案を考えた。矯正を中止して、期間を短縮し回数も減らすこと。クラウンのやりかえを極力減らすことなど。勿論患者さんに迎合し妥協するわけではない。いつでも再介入できるように信頼されることの方が重要かもしれない。

もちろん治療することの意味と意義を伝えていかなければならない。専門家集団として。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

松村まこと

Author:松村まこと
上通り並木坂という比較的街中にアクアデンタルはあります。審美歯科が得意です。歯周病、インプラント、矯正、かみ合わせ治療などを駆使した総合型治療を目指しています。
元歯科技工士で手先の器用さには自信があります。

最新記事
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード