FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前歯のブリッジを綺麗に入れる。

DSC02560.jpg

連続した前歯を入れることがある。
6本以上になると、形態の作りこみがやっかいだ。
幅割りや歯軸の方向を決めるのが難しくなる。
なるべく多くの患者情報を技工サイドに伝えるが、
それでも、直接患者さんを前にしトライしてみると、正中がずれていたりするものだ。

あるいは、私が形態が気に入らないこともある。そんなときはチェアーサイドで形態修正する。
直接患者さんのお顔に調和するように修正していく。何度も鏡を見せながらあわせてゆく。
気に入ったのかそうでないのか、表情から読み取る。

私はディスクと呼ばれる円盤状の切削器具を多用する。
世界的なセラミスト山本真氏から教わった。

山本氏とは私がまだ20代のころお会いして一緒に酒を飲んだ。同じマコトつながりでかわいがってもらった。氏は「技工は腕力だ」などと酔ってふざけたりした。腕相撲で負かされたこともある。

形態修正にディスクを使っていて、審美技工に燃えていたころを思い出した。
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

松村まこと

Author:松村まこと
上通り並木坂という比較的街中にアクアデンタルはあります。審美歯科が得意です。歯周病、インプラント、矯正、かみ合わせ治療などを駆使した総合型治療を目指しています。
元歯科技工士で手先の器用さには自信があります。

最新記事
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。