FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

審美歯科のメリットとデメリット

知り合いのお医者さんの奥様。
結構気を使います。ご主人が知りあいで、医療関係者。
でも結構多いです。お医者さんの家族。たいてい紹介でいらっしゃいます。

審美治療をしました。今日最後のセラミックスの歯が入りました。
お口の中に試適して鏡で見ていただいた瞬間。
「うれしー。」とおっしゃいました。この、見た瞬間の口をついて出てくる言葉は
真実を語ります。こちらもうれしくなりました。立ち会った歯科技工士はお礼を言われて少し照れていました。

きちんと報酬を頂いて、なおかつ感謝されるときは本当にうれしい瞬間です。

この患者さんは、生まれながらの変色歯で長いこと悩んでこられました。
かかりつけの歯科医師からは「虫歯でもないのに削らなくていい。」
といわれていたそうです。

数年前にご主人に相談されていたのですが、今年になってようやくいらっしゃいました。
歯科に対するあきらめもあったのかもしれません。
色々お話を伺って、何通りかの治療法を提示し、歯の色だけではなく歯並びも修正することにしました。矯正器具を使わずに歯並びも整えることが出来ると聞いて驚かれていました。
勿論デメリットもあります。それは虫歯でもない歯を削ったり、神経を取ったりすることです。

審美歯科に携わっていると、胡散臭いことをやっているような色眼鏡で見られる時代もありました。
虫歯でない歯を削るのはタブーだったのです。

でも今は違います。綺麗な歯並びや白さは精神的な喜びをも与えてくれます。思いっきり口をあけて笑ったら、自分だけでなく周りの人々にも幸せな気分をもたらします。口元のコンプレックスで暗い人生を過ごすのとどちらがいいでしょうか?

それは人によって価値観が違うので一概には決められません。
メリットデメリットをきちんとご理解いただき、メリットを享受するため多少のリスクは引き受けていただかなければなりません。

この患者さんの場合、ご主人からデメリットやリスクについて医学的な説明を求められました。
最後は「僕の家族だったら迷わずこうします。」との私の言葉で納得したようです。

お帰りになるときの笑顔でこちらもうれしくなりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

松村まこと

Author:松村まこと
上通り並木坂という比較的街中にアクアデンタルはあります。審美歯科が得意です。歯周病、インプラント、矯正、かみ合わせ治療などを駆使した総合型治療を目指しています。
元歯科技工士で手先の器用さには自信があります。

最新記事
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。