スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国若手医師・歯科医師の会参加

保団連という主に開業医の全国組織がある。

今年も全国から熱い奴らが集まった。

学術的な報告もあるが、より社会的な話や法律的な話も飛び交う。

泊り込みで行われ懇親会も夜遅くまで続く。

いわゆる歯科医としての仕事だけではなく、より社会的な存在としての役割を
果たさなければならない。

住んでいる地元だけではなく全国に仲間がいるというのは心強い。

医師も歯科医師もまぜこぜというのがいい。

綺麗で良い噛みあわせをつくる大人の矯正(埋伏犬歯を利用する)

3DSlice1_2010-08-20_18-22-20.jpg

完全に埋まった埋伏犬歯を何とか利用したかった。両隣の歯が干渉しているかもしれないのでそのあたりの配慮は出来ているつもりだったが動く気配が感じられなかった。3次元的に診断するためにCTを撮った。

埋伏犬歯のエナメルのまわりの骨が干渉しているかもしれなかった。

コルチコトミー(動かしやすいように表面の硬い骨を少し削る)も覚悟の上でフラップをあけてみた。
エナメルのまわりの骨を少し除去した。

DSC03472.jpg

矯正をするにしても、仕上がりの美しさを引き出すために、骨の扱いや粘膜の扱いに慎重でなければならない。

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

水俣から顎関節治療と審美治療と歯周病治療でご来院

3DSlice1_2010-08-11_17-40-35.jpg

御紹介でこられた。顎関節症で口が開かない。

まずレントゲンやCTをとり、口腔周囲筋の触診をし、かみ合わせや顎の位置と運動の診断をした。

さらに歯周病などの問題もみられる。

審美治療といっても、歯周病や噛み合わせ、顎関節なども総合的に診なくては良い結果が出ない。

それにしても水俣はここから遠い。それでも患者さんは期待して来られる。身の引き締まる思いだ。

IMGP1577.jpg

小倉の下川先生の勉強会に参加した。下川先生は日本の歯科臨床家のトップのおひとりだ。

下川先生との出会いは強烈だった。
歯学部を卒業して間もない頃、ある先生と大きな学会に出かけた。そこで下川先生を紹介されたのだった。何しろ僕が技工士の頃から尊敬しあこがれていた下川先生なので非常に緊張した。そんな僕の経歴を聞いてすぐおっしゃった。「今度おれがセミナー始めるから、おまえ来い。」「はいっ、行きます。」歯科技工士をしていたことを気に入ってくださったようだった。

それからはずいぶん可愛がっていただいた。

ときどき無性に下川先生の話を聞きたくなる。
感動して涙が出そうになったこともある。

今回も歯科医として一回り大きくなれるような気がした。勇気が涌いてきた。

過剰歯による歯列不正

R641.jpg

御紹介で来院。真ん中の前歯の右だけがなかなか生えてこないとの事。想像通り正中過剰埋伏歯だ。
よくよく聞いてみると、他院でもレントゲンまで撮られたそうだ。邪魔しているなら抜いてくれと頼んだがうちじゃ出来ないと帰されたそうだ。なんでも埋まっている歯に触りでもして歯をだめにしたらかえって良くないと言われたそうだ。
触ったからといって生えなくなるとは考えにくい事を伝えて抜歯した。

90度回転しているので、綺麗に生えるかどうか経過をみていく。歯列矯正が必要になるかもしれない。
プロフィール

松村まこと

Author:松村まこと
上通り並木坂という比較的街中にアクアデンタルはあります。審美歯科が得意です。歯周病、インプラント、矯正、かみ合わせ治療などを駆使した総合型治療を目指しています。
元歯科技工士で手先の器用さには自信があります。

最新記事
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。